ライフスタイルコラム

「郡山」駅前に暮らすシニア夫婦が子どもたち家族と過ごす特別な日の休日

image photo
image photo

「東京」へ東北新幹線1本でアクセスできる便利な福島県「郡山」駅。今回は、「郡山」駅へ歩いて6分のマンションに暮らす、あるシニア夫婦の休日をご紹介します。来年小学生の子どものいる娘家族は、自然に囲まれた中で子どもをのびのびと育てたいと言い「郡山」へ戻ってきました。同じマンションに暮らし、困ったときにはいつでも手を差し伸べ合える、程よい距離感での生活を楽しんでいます。3歳の子どものいる息子家族は東京で生活をしています。

時計

7:00

起床

マンション外観
マンション外観

朝、いつもどおりの起床。日課の早起きの散歩に出かける。エントランスを出てマンションを見上げるのが習慣になっている。今日は土曜日、娘家族はまだ寝ているだろうか。

時計

8:00

朝食

郡山駅食品館ピボット
郡山駅食品館ピボット

「ジュピター」で買ったコーヒーを淹れて、主人とゆっくり朝食をいただく。「主人が働いていたときは2人の朝食はなかったなぁ」と通勤時間帯の電車を見ていると思い出す。

時計

11:30

昼食

エスパル郡山
エスパル郡山

今日は主人の誕生祝に皆で集まる予定。東京にいる息子家族も新幹線で来てくれる。娘家族と一緒にお迎えがてら歩いて駅へ行き、食事。「エスパル郡山」に入る蕎麦屋「湖穂里」へ。

時計

12:30

孫たちのお迎え

郡山駅
郡山駅

息子家族が「郡山」駅に到着。東京からも新幹線1本でアクセスできて便利。ちょっとした土日に遊びに来ることもあるし、息子夫婦の子ももう少し大きくなれば、長期休暇には1人で泊まりに来ることができるだろう。

時計

13:00

遊び

PEP Kids Koriyama
PEP Kids Koriyama

孫たちが「PEP Kids Koriyama」で遊びたいと言っていたので、二手に分かれることに。子どもたちと女性陣は「PEP Kids Koriyama」へ。男性陣は荷物を持って自宅へ。

時計

15:00

うすい百貨店

自走式駐車場
自走式駐車場

遊び終わったころに、主人たちが車で迎えに来てくれる。自走式駐車場なので出し入れがスムーズ。そのまま「うすい百貨店」へ。誕生日祝いにご飯茶碗と汁椀、箸のセットを私のも一緒に買ってもらう。

時計

18:00

パーティ

パーティルーム
パーティルーム

マンションの「パーティルーム」を借りて誕生日パーティ。パーティルームで女性3人でお料理。主婦が3人揃うと、料理もあっという間に完成。

時計

21:00

就寝準備

ゲストルーム
ゲストルーム

息子夫婦は明日用事があるのでと本当は帰宅の時間。でも、3歳の孫が帰りたくないとぐずるので、急遽ゲストルームに泊まることに。孫が寝てから、子ども家族と晩酌会をしよう。彼らの子育ての話を聞かせてもらいながら、私も娘息子が子どもの頃の話でもしよう。駅前だから少し早めに出れば息子たちの明日の予定にも間に合うだろうし、今日は久しぶりに子どもたちと夜ふかしかな。

<一言>

マンションから「郡山」駅が徒歩圏内であることはもちろん、福島県の中心都市として、商業施設や交通網が整っているので利便性の高さに魅力を感じています。また、四季折々の自然も美しいので、毎日のお散歩がとても楽しいです。これからは主人と今までできなかった時間の共有や、子ども家族との時間をもっと謳歌していきたいと思っています。